大分本社
; 097-527-6360
名古屋支店
; 0561-53-9539

新着情報

トップページ > 新着情報

新着情報について

本ページは、株式会社日本電工の新着情報を掲載いたしております。
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

新着情報一覧

土間コンクリートの打設を行いました。

2017/10/20(金)

天候不順が続く中、雨の合間を縫って土間コンクリートの打設を行いました。コンクリートの厚さは180个箸覆辰討い泙后

接地壁の断熱工事が始まりました。

2017/10/12(木)

接地壁(土間)の断熱材として厚さ25个痢崑3種ポリスチレンウレタンホーム」を敷設しました。配筋工事を経て土間コンクリートの打設へと進んでいきます。

基礎工事が始まりました。

2017/10/4(水)

「株式会社 日本電工 社屋建替ZEB化計画」の工事が始まりました。現在基礎工事を施工中です。今後最初の断熱工事となる第3種ポリスチレンウレタンフォームを接地壁に敷設する工事へ移行します。

ZEBリーディング・オーナーに登録されました。

2017/10/2(月)

一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)様より「ZEBリーディング・オーナー」の認定を受け登録を完了しました。「ZEBリーディング・オーナー」とは今年度より始まった制度で、「ZEBロードマップ」の意義に基づき自社のZEB導入計画・ZEB普及目標・ZEB導入実績を公開し、ZEBの普及促進をリードして行く役割を担います。ZEBに関するお問い合わせ等お気軽にご連絡下さい。

建築物省エネルギー制度(BELS)により評価書が交付されました。

2017/8/24(木)

一般財団法人大分県建築住宅センターより、建築物省エネルギー制度(BELS)の評価書が交付されました。BELSランクは星5つの最高ランクを取得し、ZEBランクも最高の『 ZEB 』(ネット・ゼロ・エネルギービル)の認証をいただきました。外皮の断熱性能を表すPAL*のBPI値は0.46、一次エネルギーの削減率は平成28年度基準で62%削減、再生可能エネルギーを含めた削減率は137%となり竣工後は最高レベルの省エネルギービルとなります。非住宅におけるBELSの最高ランクと『ZEB』の取得は大分県内では最初の建築物となります。

完成予想パースを公開します。(3)

2017/8/23(水)

新社屋の屋内パースを公開します。各現場で施工を担当する工事部の内観です。事務所に滞在する時間は少ないのですが、プロ野球やプロサッカーチームの選手ロッカーをイメージしてデザインされています。現場で最高のパフォーマンスを発揮するための快適な癒しの空間となっています。

完成予想パースを公開します。(2)

2017/8/22(火)

新社屋の屋内パースを公開します。各現場を管理する工務管理部の様子です。業務効率化のためのネットワーク環境の整備とL型大型デスクが特徴です。

完成予想パースを公開します。(1)

2017/8/21(月)

新社屋の屋内パースを公開します。受付カウンターから総務部を臨む内観です。木造構造特有の大梁を見せるデザインで吹き抜けの開放的な空間が特徴です。

社屋建替計画実施設計がCASBEE(建築環境総合性能評価システム)でAランクを取得しました。

2017/8/4(金)

当社の社屋建替計画の実施設計がCASBEEのAランクを取得しました。CASBEE(建築環境総合性能評価システム)とは建築物を環境性能で評価し格付けする手法で、省エネルギーや環境負荷の少ない資材や機材を使用するといった環境配慮はもとより、室内の快適性や景観への配慮なども含めた建築物の品質を総合的に評価するシステムです。

当社のZEB化採用技術を紹介します。

2017/8/2(水)

CO2の固定化と太陽光発電による創エネ効果を発揮するために、木造軸組み工法と片流れ屋根を採用。外壁は熱伝導率の低い窯業系サイディングとハイブリット瓦材で構成。外皮はLow-E複層ガラス(Arガス入り)と日射遮蔽庇の組合せ。空調は高効率パッケージエアコンとCO2センサー付全熱交換器の連動制御。換気はDCモーターの採用と湿度センサー制御を取入れた。照明はLED照明器具と照度補正付調光制御の組合せを採用。給湯は高効率ヒートポンプ給湯器の導入。BEMSは拡張性とチューニング機能に優れたシステムを採用。





【Page】 1 2